高血圧の男性

びっくりしました。社会人になってちょっとお金の余裕が出来たからって好きなものを好きなだけ飲み食いしてたら健康診断で高血圧一歩手前との診断が。高血圧は簡単になってしまいます、こちらでは私が調べた高血圧の原因と改善法を紹介します。

高血圧の時、妊婦は温泉に入っても良いか

妊婦になると血圧が上がりやすく、妊娠高血圧症候群になってしまうことがあります。特に妊娠後期に高血圧になってしまうと、出産時に母体も赤ちゃんもリスクを負いやすくなります。
母体への影響としては、血圧が高くなることから起こる脳出血、水分が血管から染み出てしまう肺水腫があります。分娩中に急に血圧が上がった場合は、いきむ回数を制限することもあります。
赤ちゃんへの影響としては、低出生体重児、脳生涯、発育不全、死産などがあります。分娩中の場合は、吸引による分娩や緊急帝王切開となることもあります。
妊娠高血圧症候群は、はっきりとした原因は解明されていません。ですが、出産経験がない、肥満、高齢、多胎妊娠、尿の感染症にかかっている、という場合は、おこる可能性が高くなります。そのため、体重管理と共に血圧の管理も必要となります。
妊婦が温泉に入ることに関しては、温泉法によって、妊婦でも温泉に入って良いと基準を見直しました。ですが、妊娠初期の場合、貧血やのぼせ、つわりの悪化、血圧の変動などが起きやすく、妊娠後期には転倒、ヘルペス感染、、のぼせなどが起きやすくなります。血圧も急に上昇することもあるので、普段高い場合は注意が必要となります。
妊婦の場合、転倒する危険性や、皮膚への影響を考えると、ぬるめの温泉にさっと入る方が良いでしょう。熱い湯に入る、水風呂を利用する、ということは、血圧が大きく変動するので、リスクが高くなります。血行を良くしたいのであれば、足湯を利用するようにします。
妊娠中は人それぞれ体調が異なります。血圧に関しては自分ではどのくらい値が上がっているのか気が付かないこともあるので、温泉に行く前には医師に相談すると安心です。